8_kasitusousai

2018年10月22日

駐車場から道路に出ようとした車とぶつかった。過失割合はどうなる?

過失割合についての質問です。 私は、片側3車線ある幹線道路の第1車線を自動車で直進していました。 前方にある信号が赤に変わったので減速をしたところ、進路の左にあるスーパーの駐車場から相手車が道路手前で一時停止をせずに左折 […]

2018年10月22日

交通事故の「著しい過失」と「重過失」の違いは?【弁護士解説】

更新日:2019年8月15日 「著しい過失」と「重過失」はともに過失割合を修正する要素とされています。 交通事故においては、事故類型に応じて基本的な過失割合が設定されていますが、そこで想定されている事情を超えて、事故に対 […]

2017年06月07日

自動車のドア開放事故の過失割合は?【弁護士が解説】

更新日:2020年6月9日 弁護士の回答 個別の事案によって、過失割合は前後しますが、被害者側としては、0(自転車):100(ドア開放自動車)と主張していくべきでしょう。   過失割合とは 民法722条2項では […]

2017年06月07日

直進車とUターン車の自動車同士の過失割合は?【弁護士が解説】

更新日:2020年6月8日 過失割合についての質問です。 直進車とUターン車の自動車同士での事故を起こしてしまいました。 過失割合を教えてください。     弁護士の回答 Uターン事故は、Uターン車が […]

2017年06月06日

自転車同士の交通事故の場合、自動事と同じように過失相殺をする?

過失相殺についての質問です。 自転車同士で事故をしました。 自転車同士の交通事故の場合も、自動車事故と同じように過失相殺をするのですか? 交通事故問題専門の弁護士が解説します。 自転車同士の交通事故であっても、自動車同士 […]

2017年05月08日

私の合図で子が飛び出し、車にはねられ怪我。過失相殺とは?

弁護士の先生に質問です。 私が3歳の子に合図をしたら子が飛び出してしまい、車にはねられて怪我をしました。 保険会社から過失相殺すると言われましたが、過失を問われるのでしょうか?     幼児者が親の合 […]

2017年03月03日

交通事故による怪我の治療費が減額されることはあるのですか?

  被害者に過失がある場合、被害者の怪我の治療費であっても、過失相殺により減額されることになります。   治療費の扱い   交通事故で怪我をして被害者となった場合、治療費は加害者が加入する自 […]

2017年03月03日

同乗していた車の交通事故での怪我。損害が減額されることはある?

損害賠償請求についての質問です。 彼氏の車に同乗中、交通事故に遭い、怪我をしました。 同乗していた私の損害が減らされることがあるのでしょうか? 同乗していたという理由だけでは、損害を減額されることはありません。 しかし、 […]

2017年03月02日

糖尿病の既往症を理由に、交通事故外傷の損害は減額される?

損害賠償請求についての質問です。 糖尿病の既往症があります。 交通事故外傷の損害が、糖尿病を理由に減額されることはありますか? 糖尿病を理由に減額される可能性は比較的高いと思われます。 糖尿病は慢性合併症を引き起こし、ま […]

2017年03月01日

高血圧症の既往症を理由に、交通事故のけがの損害は減額される?

損害賠償についての質問です。 高血圧症の既往症があります。 高血圧症を理由に交通事故のけがの損害が減額されることはありますか? 高血圧症の既往があるというだけでは直ちに損害が減額されることはありません。 もっとも、交通事 […]

2016年12月27日

私は交通事故以前から首が悪く、整形外科に通院していました。今回、追突事故に遭い、首の痛みが悪化したのですが、相手方からの損害賠償で私の通院歴はどのように取り扱われますか?

  あなたの既往症が損害額算定の減額事由として斟酌される場合があります(素因減額)。   交通事故によりけがを負った場合に、もともと被害者の方に一定の傷病があり、それが症状の悪化や治療に影響を与えたと […]

2015年07月22日

過失割合は具体的にどのように決められるのですか?

過失相殺が問題となる場合、「過失相殺って何ですか?」で説明したとおり、具体的なケースに応じて、被害者と加害者の責任割合を決定します。   もっとも、交通事故は追突事故や交差点での事故、進路変更の際の事故や駐車場 […]

2015年07月22日

過失割合って何ですか?【弁護士が解説】

更新日:2020年06月15日 弁護士の回答 過失割合とは、交通事故が発生したことについての責任割合のことです。 被害者に過失割合がある場合には、その割合分について過失相殺された上で賠償金が支払われることになります。 & […]