よくある相談Q&A

けがの治療での注意点はありますか?

執筆者
弁護士 西村裕一

弁護士法人デイライト法律事務所 北九州オフィス所長、パートナー弁護士

所属 / 福岡県弁護士会  

保有資格 / 弁護士

専門領域 / 個人分野:交通事故 法人分野:企業顧問(労働問題)   


交通事故に遭いけがを負った場合、けがの治療を行うことになります。けがの治療に当たっての注意点としてまずは通院頻度があります。

 

特に、会社員や自営業の方の場合のように、仕事との兼ね合いで痛くてもなかなか病院に行きづらいというケースがあります。会社員の方の場合は、勤務先の通院を継続することに対する消極的な雰囲気を感じ、自営業の方は、通院で休んでしまうと売上、収入に直結してしまうという不安からどうしても無理をしがちになります。

 

保険に入っていないしかしながら、痛みを抱えているにも関わらず、我慢して通院をしない、あるいはほとんど通院をしないということは避けなければなりません。

 

通院頻度は、治療費の打ち切りに大きく影響してきます。特に、交通事故直後から週に1回程度の通院にとどまる場合は、保険会社から打ち切りを伝えられる可能性が高くなります。

 

被害者の方としては、「痛いけど病院に行けない。我慢している。」と思っていても、保険会社をはじめとする第三者には、「通院が少ないから大したけがではない。」と判断されてしまうということです。

 

また、治療の打ち切りに対して重要なポイントである医師の意見も通院が少なければ被害者にとって有利に働く可能性が低くなります。

 

したがって、交通事故において我慢、無理をすることは被害者にとって決してプラスになりません。

 

次に、問診で自分の症状を適切に伝えることです。これは当たり前のことだと思われるかもしれませんが、しっかりと意識しておかないと実際に実現するのは難しいのです。

 

なぜなら、医師はとても多くの患者を抱えているため、多忙です。そのような状況で問診を迎えるので、被害者の方も、「少し指先がしびれているのだけど、まあ大丈夫かな。先生も忙しそうだし、また今度で。」と思ってしまうことがあります。

 

このように、自分の症状をその都度伝えておかないと診断書やカルテにも記載はされませんから後で振り返った時に、「指先のしびれはなかった」と判断されることになるわけです。

 

このように、適切な補償を受けるためには日頃の通院頻度や問診にも注意すべき点があります。

 

関連動画はこちら

関連Q&A

 

執筆者
弁護士 西村裕一

弁護士法人デイライト法律事務所 北九州オフィス所長、パートナー弁護士

所属 / 福岡県弁護士会  

保有資格 / 弁護士

専門領域 / 個人分野:交通事故 法人分野:企業顧問(労働問題)   

実績紹介 / 交通事故の相談件数年間300件超え(2019年実績)を誇るデイライ

ト法律事務所のパートナー弁護士であり、北九州オフィスの所長を務める。

交通事故をめぐる問題に関して、NHK、KBCなどのメデイアへの取材実績があ

り、弁護士向けのセミナー講師としても活動。


交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約