よくある相談Q&A

交通事故について弁護士に相談、依頼するのはいつがよいでしょうか?

執筆者
弁護士 西村裕一

弁護士法人デイライト法律事務所 北九州オフィス所長、パートナー弁護士

所属 / 福岡県弁護士会  

保有資格 / 弁護士

専門領域 / 個人分野:交通事故 法人分野:企業顧問(労働問題)   


弁護士の回答

交通事故後、できるだけ早くに専門家である弁護士に相談すべきです。

その上で、弁護士に依頼する時期も含めて事故後の対応を考えていくとよいでしょう。

 

弁護士に相談するメリット

交通事故の被害者の方で、「いつ弁護士に相談したらいいんだろう」と悩まれている方はとても多いです。

また、「依頼するかもわからないのに相談に行っていいんだろうか」とか「相談したら必ず依頼しなければならないんじゃないか」と思われる方もいらっしゃるようです。

それは、できる限り速やかに相談することで以下のようなメリットがあるからです。

 

メリット①事故後の手続きの流れを知ることができる

被害者の方は、ほとんどが交通事故を初めて経験される方です。

交通事故は突然起こるものなので、交通事故後の手続きを事前に知っている方の方が少ないでしょう。

実際に交通事故後の手続きは非常に煩雑で、警察とのやり取り、保険会社とのやり取り、医療機関への通院方法、後遺障害の申請、示談交渉など、被害者だけで行うには負担が大きいのが現状です。

そこで、事故後できる限り速やかに弁護士に相談し、今後どのような流れになるのかを聞いておけば、自分がどのように動けばいいかの判断ができ、心理的にも安心できるため、治療に専念することができます。

 

メリット②適切な補償を受けるための準備ができる。

交通事故による適切な補償を受けるためには、きちんと通院をし、必要な資料をきちんと残しておくことなど、準備が必要です。

ところが、初めて交通事故に遭った被害者の方は、何を準備すればいいかわからないことがほとんどで、準備不足から本来であれば受けられた補償を受けられなくなってしまうことになりかねません。

例えば、事故後痛みはあるのに、忙しくて通院せず、耐えきれなくなって1ヶ月ほど経過してから初めて通院したような場合、事故と通院との因果関係を否定されて治療費や慰謝料を払ってもらえないということもあります。

また、領収書を保存しておかなかったために本来であれば請求できた損害を請求できなくなったということもあります。

このようなことにならないために、事故後早めに弁護士に相談して、通院の方法や必要な資料についてアドバイスを受けておくべきでしょう。

 

 

弁護士に依頼するメリット

弁護士に相談した結果、弁護士に依頼すべきとアドバイスされた場合、以下のようなメリットがあるため、早めに依頼すべきでしょう。

 

メリット①保険会社や相手方との連絡が不要になる。

被害者にとって保険会社や相手方との連絡は最も心身への負担となる事柄の一つです。

弁護士に依頼した後は、窓口が弁護士となるため、被害者の方から保険会社や相手方へ直接連絡をしなくても良くなります。

 

メリット②必要な手続を任せることができる

示談交渉や後遺障害の申請など、複雑な手続を弁護士に任せることができます。

また、どのような資料を集めるべきか弁護士に判断してもらうことで、適切な資料を収集することができます。

 

メリット③適切な補償を受けることができる

弁護士に依頼した場合、自分で示談交渉した場合よりも賠償額が増額することがほとんどです。

裁判基準は、裁判をした場合に基準とされる金額であり、最も適切な補償額といえますが、弁護士に依頼して示談交渉を行わなければ、保険会社は裁判基準での支払いに応じないのが現状です。

赤い本このような違いが出る理由は、専門的な知識をもとに交渉を行うという点もありますが、交渉の前提となる基準自体に違いがあるという点が挙げられます。

すなわち、被害者の方が自分で示談交渉をした場合、自賠責基準や任意保険会社基準と行った低い基準での賠償となりますが、弁護士が示談交渉を行う場合、裁判基準(弁護士基準)での賠償となります。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

まとめ弁護士以上のように、被害者の方が適切な賠償を受けるためには、事故後早めに弁護士に相談すべきでしょう。

弁護士費用がいくらくらいになるかご不安な方もいらっしゃると思いますが、弁護士費用特約に加入されている方は、弁護士費用の負担なく弁護士に依頼することが可能です。

また、弁護士費用特約に加入されていない方も、弁護士費用を差し引いても賠償額の増額が見込まれる場合かどうかや、事故後の手続きの流れや必要資料について、早めに弁護士にアドバイスを受けることは大きなメリットとなりますので、相談だけでも事故後すぐに行うべきです。

デイライト法律事務所では、交通事故の専門家である弁護士が無料でご相談に応じておりますので、まずはご相談だけでも遠慮なくご利用ください。

無料相談の流れはこちらをご覧下さい。

 

 

関連動画はこちら

 

 

執筆者
弁護士 西村裕一

弁護士法人デイライト法律事務所 北九州オフィス所長、パートナー弁護士

所属 / 福岡県弁護士会  

保有資格 / 弁護士

専門領域 / 個人分野:交通事故 法人分野:企業顧問(労働問題)   

実績紹介 / 交通事故の相談件数年間300件超え(2019年実績)を誇るデイライ

ト法律事務所のパートナー弁護士であり、北九州オフィスの所長を務める。

交通事故をめぐる問題に関して、NHK、KBCなどのメデイアへの取材実績があ

り、弁護士向けのセミナー講師としても活動。


交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約