よくある相談Q&A

交通事故による負傷で、低髄液圧症候群と言われた。後遺症になる?

執筆者
弁護士 西村裕一

弁護士法人デイライト法律事務所 北九州オフィス所長、パートナー弁護士

所属 / 福岡県弁護士会  

保有資格 / 弁護士

専門領域 / 個人分野:交通事故 法人分野:企業顧問(労働問題)   


頭痛男性のイラスト交通事故による外傷後、しつこい頭痛と立ちくらみのような症状がでています。

医師から低髄液圧症候群ではないか?と言われました。

後遺症になるのですか?

 

めまいのイメージ画像低髄液圧症候群は、外傷後起立性の頭痛やめまいなどの症状が発生する疾患です。

低髄液圧症候群が外傷後に発症することは100年近く前から知られていました。

その疾患の診断法、治療法など医学的な争点があります。

交通事故が原因で低髄液圧症候群と診断されれば、後遺障害等級14級が認定されることはありますが、多くの裁判例では低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)の発症自体を否定しています。

弁護士が解説します。

 

低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)とは

脳の障害のイメージイラスト低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)は、脳、脊髄、脳脊髄液を取り囲む硬膜に穴があき、脳脊髄液が硬膜の外へ漏れ、頭蓋骨内の圧が下がり、起立性頭痛が生じる疾患です。

外傷後に発症することは100年近く前から知られていました。

2002(平成14)年に、ある医師がむちうち損傷(2か所)の原因と主張し話題になりました。

2010(平成22)年厚生労働省の「脳脊髄液減少症の診断・治療法の確立に関する」中間報告書でもむち打ち損傷を原因とする髄液の漏出があることを否定されていません。

脳脊髄液減少症が認められ、後遺障害等級を獲得した事例はこちらをご覧ください。

 

低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)の症状

低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)の症状は、起立性頭痛や起立性めまいです。

 

 

後遺障害認定にあたっての問題点

低髄液圧症候群と脳脊髄液減少症が同じ疾患なのか異なる疾患なのかという医学上の争点があるため、交通事故の後遺障害の認定にあたって、以下の問題が生じます。

 低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)の発症の認否
 後遺障害等級評価
 低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)の発症認否について

多くの裁判においても、低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)の発症を否定しています。

否定する理由は以下の通りです。

 病態の存在、診断方法が確立していない
 起立性頭痛がなく、低髄液圧症候群の治療であるブラッドパッチ療法の効果がない
 後遺障害の等級評価について

低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)であると認められても後遺障害の等級評価は14級の認定にとどまります (横浜地判平21.5.15など) 。

現在のところ、労働能力の制限が客観的に認められる9級を超える等級の評価はされていません。

弁護士鈴木啓太イラストこのように、低髄液圧症候群について後遺障害等級を得ることは容易ではありません。

低髄液圧症候群と診断された場合、早めに専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。

ご相談の流れについては、こちらをごらんください。

 

 

関連Q&A

執筆者
弁護士 西村裕一

弁護士法人デイライト法律事務所 北九州オフィス所長、パートナー弁護士

所属 / 福岡県弁護士会  

保有資格 / 弁護士

専門領域 / 個人分野:交通事故 法人分野:企業顧問(労働問題)   

実績紹介 / 交通事故の相談件数年間300件超え(2019年実績)を誇るデイライ

ト法律事務所のパートナー弁護士であり、北九州オフィスの所長を務める。

交通事故をめぐる問題に関して、NHK、KBCなどのメデイアへの取材実績があ

り、弁護士向けのセミナー講師としても活動。


交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約