事故直後からのトータルサポ―ト

デイライト法律事務所では、出来る限り早い段階でご依頼いただくことをお勧めしています。

法律事務所によっては、弁護士の仕事は、示談交渉と裁判であるといった理由で、治療が終わってから、あるいは、後遺障害の認定が終わってから相談に来てくださいという事務所もあると聞きます。

しかし、被害者の方が最も不安な時を過ごされるのは、事故直後から治療されている間だと思います。

いつまで治療を続けられるのか、後遺症が残ってしまうのではないか、賠償は適切に支払ってくれるのかといった不安は示談交渉前に生じる不安です。

また、適切な後遺障害認定がなされるには適切な後遺障害申請を行わなければなりません。

適切な後遺障害申請を行うには、治療中からサポートさせて頂き適切な後遺障害診断書を作成することが大切です。

こうした理由から、デイライト法律事務所では、事故発生からできる限り早い段階でご依頼頂きサポートを行っています。

 

事故直後の対応をサポート

交通事故事故交通事故は予期せずと突然巻き込まれるものです。

したがって、被害者の方が最も動揺され不安になるのも事故直後だと思います。

デイライト法律事務所では、事故直後にご依頼頂いた場合、すぐに相手保険会社と連絡を取り、連絡窓口を弁護士にさせて頂きます。

その上で、その後の治療や、物損、過失割合等について、相手保険会社と交渉させて頂いております。

また、被害者の方に対しては、事故直後に最終的な解決までの流れを説明させて頂き、解決までの道筋をお話させて頂いております。

ご依頼後は、お電話やメールでのご相談も可能であり、少しでも不安なことや疑問点が生じたら、すぐにご相談いただける体制をとっています。

事故直後のサポートについての詳細はこちらをご覧ください。

 

 

治療中のサポート

ストレッチレントゲン治療中でも保険会社とのやりとりは必要になります。

休業損害の交渉、物損、過失割合の交渉、治療終了時期の交渉など様々な場面で保険会社の担当者とやりとりをしなければなりません。

これらの交渉はいずれも専門知識を必要とするものであり、被害者の方個人で交渉するには限界があります。

特に治療の終了時期は、相手保険会社と見解が対立することが多く、被害者の方が最も不安を感じられる場面の一つだと思います。

デイライト法律事務所では、治療中に生じるこうした交渉もすべて弁護士が行います。

治療打切りに対するサポートについて詳細はこちらをご覧下さい。

 

 

示談交渉のサポート

治療終了後、あるいは後遺障害の結果が出た後、弁護士が付いていない場合には、相手保険会社の方から人損について賠償の提示がなされます。

保険会社も営利会社なので、やむを得ないところもありますが、保険会社からの最初の提示金額が妥当な金額であることは、ほぼないと思われた方がよいでしょう。

交通事故賠償実務では、治療期間や後遺障害等級に応じて、ある程度賠償金額が基準化されていますが、被害者の方個人で正確な賠償金額を計算することは困難です。

特に後遺障害認定を受けている場合には、より計算は複雑になりますので、個人での交渉は難しいと言えます。

弁護士デイライト法律事務所では、交通事故専門の弁護士が裁判基準(裁判になった場合の水準で最も高い水準)で損害を計算し、保険会社に賠償提示を行います。

集積した知見と経験で、妥当な賠償額を獲得できるよう粘り強く交渉サポートを行っています。

慰謝料の交渉サポートについて詳しくはこちらをご覧下さい。

 

 

裁判のサポート

裁判をすべきかどうかの判断は、交渉時の相手保険会社からの提示内容を踏まえて、事故に関わる全ての事情を勘案して決定しなければなりません。

デイライト法律事務所では、事案に応じて裁判をした場合のメリット、デメリットを十分に説明した上で、裁判をするかどうか被害者の方と相談して決定しています。

裁判をすると決めた場合には、訴状作成から最終的な解決まで、全力でフルサポートさせて頂いております。

 

 

関連動画はこちら

 

 

デイライト法律事務所が選ばれる理由

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約