被害者の職業が『自営業』の解決事例

全5件中 1〜5件目を表示
  • 1
  

弁護士のサポートを受け、頚椎捻挫で後遺障害が認定された事例

ご依頼後取得した金額
330万円
受傷部位首(頚椎捻挫)、肩(左肩関節打撲)、腰(腰椎捻挫)
等級併合14級(首痛14級9号 肩痛 14級9号 腰痛14級9号)


70代自営業(確定申告なし)

詳細を見る
  • 2
  

自営業で休業損害と逸失利益が認められた事例

ご依頼後取得した金額
330万円
受傷部位首、腰(外傷性頚部症候群、腰椎捻挫)
等級併合14級(首痛14級9号 腰痛14級9号)


50代自営業

詳細を見る
  • 3
  

後遺障害14級9号が認定された個人事業主の事例

ご依頼後取得した金額
約190万円
受傷部位腰(腰椎捻挫)、左肩(左肩関節捻挫)
等級併合14級


50代自営業

詳細を見る
  • 4
  

右直事故の直進車で、過失割合5:95にて解決した事例

ご依頼後取得した金額
受傷部位腰(腰椎捻挫)など
等級なし


50代自営業

詳細を見る
  • 5
  

弁護士を交代して、自営業で休業補償を獲得した事例

ご依頼後取得した金額
127万円
受傷部位首(頚椎捻挫)
等級なし


40代自営業

詳細を見る

その他の「被害者の職業別」の解決事例についてはこちら

当事務所の解決事例ページへ戻る


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約