弁護士コラム

北九州市の弁護士の状況

掲載日:2017年10月11日|最終更新日:2020年4月21日

弁護士数は増加傾向しているが、事件数は減少傾向

福岡県弁護士会には「部会」という制度があり、福岡県内のエリアによって4つの部会が存在しています。

具体的には、福岡部会、北九州部会、筑後部会、筑豊部会の4つです。

このうち北九州部会は、北九州市、行橋市をはじめとする京築地区、中間市、遠賀郡に事務所を構える弁護士が加入している部会です。

デイライト法律事務所の北九州オフィス所属の弁護士は、この北九州部会に所属しております。

さて、福岡県弁護士会の人数は、2007年4月時点では、701人(うち女性弁護士は86名)でしたが、2020年1月時点では、1371人まで増加しています(うち女性弁護士は220名)。

福岡県では、この約13年間で弁護士の人数は実に1.95倍にまで増えているということになります。

北九州部会に所属する弁護士数も2020年4月には、225名(うち女性弁護士は41名)と、200人を超える規模になってきています。

北九州部会の弁護士は、一昔前には100人に満たない状況でしたが、この10年ほどで200人規模にまで増加しています。

他方で全国的な傾向として、弁護士が介入する事件数は減少傾向です。

幸いなことですが、自動車技術の発達や、交通整理の発達により、交通事故の発生件数も減少しています。

 

 

デイライト事務所の圧倒的な交通事故相談実績

当事務所は、弁護士の人数が増加し、交通事故件数が減少している中でも、交通事故に関して、被害者の方から多数のご相談をいただいております。

2018年12月~2019年11月までの1年間では、事務所全体で310件の交通事故事件のご相談がありました。

前年、前々年においても、300件を超すご相談がありました。

交通事故に注力する弁護士事務所は増えていますが、その中でもトップクラスの交通事故相談件数を誇っていると自負しています。

当事務所は交通事故案件を中心に取り扱う人身傷害部があります。

人身傷害部では、「事故被害者に平穏な生活を取り戻す」というチームミッションを掲げ、相談者、依頼者の皆さんに寄り添い、最善の解決を果たるようサポートしています。

そうしたサポートを継続してきた結果、弁護士数が増加し、交通事故件数が減少する中でも多数のご相談を頂けているのだと思います。

ご依頼いただき事件が終了した後においても、口コミ等において多数の感謝のお言葉を頂いており、各弁護士はそうしたお言葉を励みに日々研鑽を続けています

北九州オフィスにおいても人身傷害部に所属する弁護士が在籍しており、北九州オフィスでの交通事故相談は、全て人身傷害部に所属する弁護士が対応させて頂いています。

交通事故に遭うと、平穏な生活が、不安で先の見えない日常に一変してしまうことがあります。

私たちは、その不安な日常から、平穏な日常を取り戻すために全力でサポートを続けています。

北九州で交通事故のことでお困りの方は、是非デイライト法律事務所の弁護士にお気軽にご相談ください。

 



コラム一覧


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約