弁護士コラム

加害者が任意保険に未加入の場合、賠償はどうなる?

執筆者
弁護士 西村裕一

弁護士法人デイライト法律事務所 北九州オフィス所長、パートナー弁護士

所属 / 福岡県弁護士会  

保有資格 / 弁護士

専門領域 / 個人分野:交通事故 法人分野:企業顧問(労働問題)   

保険に入っていない
交通事故に遭った場合、加害者が、「実は保険に入っていないんです。」などと言ってくるケースがあります。こうした場合、被害者はどうすればよいのでしょうか。

1 加害者本人への請求

 

保険に入っていないから交通事故の責任を負わなくてよいということは当然のことですが、決してありません。したがって、被害者は加害者に対して、直接損害の賠償を請求することが可能です。加害者が支払わなければ、訴訟をして判決をとることもできます。
しかしながら、判決をとったとしても、その人が資力のある人(つまり、お金をもっている人)でなければ、この判決も絵に描いた餅となりかねません。お金のない人から回収することは現実的には不可能であるからです。
そうすると、被害者は完全に泣き寝入りになってしまうのかということになりますが、それを防ぐのが次の自賠責保険です。

 

 

2 自賠責保険

 

自動車の保険には、自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険については加入していなければ車検を通すことができませんので、通常は加入しているはずです。万が一無保険の場合でも、政府の保証事業に請求可能です。

被害者は、加害者の自賠責保険会社に対して、賠償を求めることができます。しかしながら、この自賠責保険には限度額があり、傷害については120万円までしか支払われません。後遺障害については、14級が75万円まで、最高でも別表第1の1級で4000万円となっています。

したがって、限度額を超えた部分については、加害者から回収できなければ自己負担となってしまうことになります。

 

 

3 被害者の保険

 

そこで、加害者側からの賠償が十分でない場合には、自分の加入している任意保険から支払を受けるという方法を検討する必要があります。その主なものが人身傷害保険です。当該保険に加入していれば、加害者からの賠償が受けられない場合にも人身傷害保険の限度額まで被害者の方の任意保険でカバーすることができます。ご自身の保険を一度確認してみてください。

 

なお、人身傷害保険等によるカバーができず、加害者からの賠償も受けられそうにない場合には、被害者の方の負担分を少しでも減らすために、健康保険を利用して治療を受けるということも検討する必要があります。交通事故だからといって、健康保険が使えないということはありません。

 

お困りのことがあれば、専門家である弁護士にご相談ください。

 

 

執筆者
弁護士 西村裕一

弁護士法人デイライト法律事務所 北九州オフィス所長、パートナー弁護士

所属 / 福岡県弁護士会  

保有資格 / 弁護士

専門領域 / 個人分野:交通事故 法人分野:企業顧問(労働問題)   

実績紹介 / 交通事故の相談件数年間300件超え(2019年実績)を誇るデイライ

ト法律事務所のパートナー弁護士であり、北九州オフィスの所長を務める。

交通事故をめぐる問題に関して、NHK、KBCなどのメデイアへの取材実績があ

り、弁護士向けのセミナー講師としても活動。



コラム一覧


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約